MENU

 現実の世界で、レズでもない女の子に声をかけてしまうのはとっても危険です。
高校時代のトラウマもありますから、気軽に声をかけることができません。
だけど顔が見えないネットの世界だったら、女の子が好きという事も気軽に言うことができます。
Twitterは日頃から使っていて、とっても便利だと感じていました。
だから、女の子同士の恋愛のアカウントを作ってみることにしたんです。
Twitterを検索してみると、女の子が好きな女の子がたくさんいるのがよく分るんですよね。
だからいろいろな女の子をフォローしていきました。
こうして、友達の輪を広げていく事にしたのです。
仲良くしてくれる人たちもたくさん現れて、とっても楽しくなっていきました。
中でもいろいろと教えてくれた方、私のようにボーイッシュな見た目で、行動が男性的だとこの世界の用語ではボイタチというらしいことも教えてもらいました。
それと、私が好むような女の子らしい雰囲気のビアンの女の子をフェムネコと言うらしいのです。
こういう用語があるのかって、とっても感心してしまいました。
それと同時に、同じような性癖の人たちがいる事に対して、とても心強い気持ちにもなっていきました。
特に、いろいろと教えてくれた女の子は、写メを送ってくれたのですがすごくキュートなんです。
写メを見ただけでもトキメキを強く感じてしまう自分がいました。
次第にDMでもやりとりを始めるようになっていったのですが、そうなってくると私のエロい写メが見たいって言うようになるんです。

私の裸とかオナニーをしている姿とか、どうしても見たいと頻繁に書いてくるようになっていきました。
いくら何でもいきなりって感じがしちゃって、大丈夫なのかな?という不安にもなってしまったのです。